7/10

 

 

 

 

朝からペンキ塗り

カフェのバッフェの持ち手、以前ホワイトに

塗り替えたのをもう一度ゴールドに塗り直す作業

なんだか失敗の予感・・・

 

 

振り返ると

ちょうど家を建てて引っ越しをして8年。

ずっと昔からいるような気はするけど、そんなもの

そう思うと色々思い出す

 

工務店さんは、とてもいい方で

このドアもドアノブも

スイッチも

家の内部の半分は自分で仕入れさせてもらった

それが条件だったのだけど

面倒くさい顧客だったと自分でも思う

 

 

約10年以上かけて集めたのもの集合体

アンティークを探し求めて、

壁をぬって、ペンキを塗って、布を縫って・・・

 


遠くヨーロッパからやってきた窓やドアも

今は懐かしい思い出

 

建築中はメージャーを持って数センチの攻防だった

家の完成で大工さんや左官屋さん、電気屋さんと

お別れするのが寂しかったなあ~

 

今日みたいな暑い日差しをみると

汗だくになりながらひとりで

駐車場や小道にレンガを敷いて下さったことも

夏がくる度、思い出す

わたしのレンガ敷きとは大違いだ

 

私も負け時と柵を作って半日寝込んだことも

なにもかも思い出

 

 

そのあとも増築やらなんだかんだで今も時々

お会いすることが楽しみ♪

 

家は建てて完成ではなく永遠に続くたのしい作業

生まれ変わったら、大工さんや左官屋さんもやってみたい

でも、今は違うことに向かって今日も学ぶ!