12/14

 

 

 

 

スコーンに使うフランス産小麦粉

なかなか到着せず、手違いで少し遅れる

正直少し焦っていて

 

 

真っ暗になってからピンポーン

「宅急便です!」

やっと届いた~

 

 

ドアを開けると

息子と変わらないと思われる配達の人

「遅くなってすみません」って申し訳なさそうな声に

「いえいえ、いそがしいでしょう」なんて、さっきまでの

焦りは何処へやら・

 

 

寒い中、配達物もたくさんだろう

小麦粉20㎏重いもんね、私より焦ってるよねー

一生懸命な姿に、来年社会人になる息子を重ね

短時間のやり取りの中でいろいろ思う

 

 

一昨日夫の友人夫婦と忘年会

その時に、子育て大変だったでしょう?と聞かれ

ふたりでどう答えればいいかわからなかった

ちゃんと子育てできました!っていう自信もないし

ダダダーーっと駆け抜けたっていうかんじ?

 

 

その宅急便の人のおかげで

あ~わたしも親になれたかもしれないな~と

ドアを閉めるときにそう思った

 

 

全ての人や生き物に親がいる

親不孝なわたしにも親がいて

そこらへんにいる虫にも親はいる

みんな誰かの大切な大切な子供。

 

 この感情や感覚は

言葉にするのは難しいけど

子供を持たなかったらおバカな私はこんなふうに

思えなかったと思う

今年ももうすぐ終わる、最後に少し賢くなれた◎

時間に遅れた小麦粉と宅急便のひとにありがとう